音声メディア

【朗報】たった5分で投資の基礎を理解できます!

2021-03-02

 

こんにちは。本記事では投資の基礎の基礎を解説しています。

投資に関して学びたいけど、何から学べばいいかわからない人向けとなっています。

内容としては、以下の通りです。

本記事の内容

・投資の概要

・投資の具体例

こんな感じです。

もし、忙しくて記事を読んでいる暇がないのであれば、スタエフで配信もしているので、聞き流してみてください。

早速質問ですが、投資の例を挙げてみてください。

こういわれると、多くの日本人はFXや数台のパソコンを目の前にチャートとにらめっこして売買しているデイトレードと答えると思います。

確かにそれらも投資であることには間違いありませんが、それだけが投資ではありません。

もし仮にこの質問に対して、今紹介したものと全く違う回答をした人は、ここで記事を閉じてもらって大丈夫です。というのも、おそらく今回話す内容をすでに知っている金融リテラシーの高い方だと思うからです。

さて、ここからは投資とは何なのかということをわかりやすく話していきます。

結論から言うと、

自己資産をどう運用していくかということです。

まぁこういわれてもピンとこないと思うので、多くの人が日頃からしている投資を具体例の1つとして見ていきましょう。

 

投資の具体例

おそらく先ほどの文章を見て、「え?投資なんてしたことないよ」と思った人が多いのではないでしょうか。

しかし、その行為を投資とは気づかずに多くの人がしているはずです。

そこでずばり、今回紹介する投資の具体例は以下の通りです。

・銀行預金

・投資信託

見て分かる通り、銀行預金はみんなやっていることですよね?(投資信託はおそらくないでしょうが)

それでは、順番に見ていきましょう。

 

銀行預金

これが投資の1つといわれてもピンとこないと思うので、簡単に解説します。

多くの人は銀行にお金を預けていると勘違いしていますが、本質は違っていて、

・預金者は銀行にお金を貸し付けている

・銀行はそのお金を使って金融サービスを展開する

⇒ お金を貸してくれた皆さんに利子を付けている

ざっくりいうとこんな感じです。

とはいえ、普通預金の金利はとても低いので、超ローリスク超ローリターンですが。どのくらい低いかというと、

メガバンクだと大体0.001%くらいの金利なので、100万円を10年間預けたとしても、利息として100円もらえるくらいですかね。

まぁ要するに、

「100万円を10年間貸してくれてありがとう。お礼に100円あげるよ」

とまるでジャイアンのような感じです。

しかも、インフレリスクなどを考えるとマイナスです。今回は、インフレリスクなどに関する詳しい解説は割愛させていただきますが、もしご要望の声が多ければ別の機会で解説しようと思います。

とまぁここまでをまとめると、

銀行にお金を預ける=銀行に自分の資産を貸し付ける、しかも実質マイナス金利でといった感じです。

投資信託

投資信託を一言で表すと、

株の詰め合わせパック

こんな感じですかね。

この詰め合わせパックは、個別に株を買うよりリスクを分散できるといったメリットがあります。

例えば、アップルの株だけを買う場合と、中身がアップル、Google、フェイスブック、アマゾンなどといったアメリカの主要な企業を詰め合わせたAという投資信託を買う場合で比較してみましょう。

まず、あなたが前者を買った場合は、アップルの株価が良いときは、リターンを多く期待できますが、アップルの株価が下がったときに一気にマイナスになる恐れがあります。

その点、株の詰め合わせパックである投資信託なら、

アップルの株価上昇  ⇒  リターンは少なくなってしまう

▼ しかし ▼

アップルの株価下落  ⇒  マイナスにならなくて済む可能性あり

とはいえ、もちろんデメリットもあります。

先ほども挙げた通り、ローリスクな分、ハイリターンを狙いにくいことです。

また、短期では結果が出にくいこともデメリットと言えます。まぁしかし、投資信託は基本的に長期目線で買うのが普通なので、投資信託を投資対象と考える人にとっては、短期でのリターンは期待しにくいということは、デメリットにならないことが多いですね。

投資信託を買ってみたい

こう思うかもしれません。しかし、ちょっとまってください。

確かに長期的な視点で見れば、投資信託はいいかも知れませんが、投資信託の中にもアクティブファンドとインデックスファンドというものがあります。

この2つはかなり性質が異なるというか、全く別物なのでそういったことを学習してから投資を始めるようにしましょう。今回はあくまで「投資とは何なのか?」ということを解説するものなので、アクティブファンドやインデックスファンドとはどんなものなのかに関しては話しません。

 

勉強ついでに軽く投資するのもあり

先ほどは勉強してから投資をした方がいいと言いましたが、

少額の投資を通じて学んだほうがより身につくこともあります。

なので、仮に金銭的に余裕があるのであれば、証券口座を開設して投資を始めるのもいいかと。

僕個人のおすすめ証券会社は、楽天証券です。というのも、ポイント還元などがかなり優秀でお得だからです。

実際、僕自身も楽天証券で投資をしています。口座開設するのはタダなのでよかったらしてみてください。

楽天証券で開設する

 

投資に関してもう少し知りたい人は、スタエフでの話を参考にしてください。

みなさんが投資をするきっかけになれたら、嬉しく思います。

ひろし

英語力ほぼ0で留学→英語ができるようになる→外国人の彼女ができる。 こんな僕だからこそ、発信できることをしていきます。

最近の投稿

-音声メディア

Copyright© Knowledge House , 2021 All Rights Reserved.