英語学習

集中して勉強する方法!勉強が苦手な方でも簡単に実践できる!

 

テストに向けて勉強をしないといけないのはわかっているけど、どうしても集中できずに、スマホをいじってしまう。

 

本記事は、上記のように勉強を集中してできない方に向けたものになっています。

本記事の内容

・集中して勉強する方法

・集中して勉強する手助けアイテム

皆さんの勉強方法を少しアレンジするだけで、集中力をアップさせ、勉強がはかどる方法を紹介していきます。

本記事を読んで、効率的よく勉強を進めていきましょう。

 

集中して勉強する方法

集中して勉強する簡単な方法は、ずばり以下のことをするだけです。

・集中できる環境を作る

・時間設定をする

・適切な休憩をとる

それぞれ解説していきます。

 

集中して勉強する方法①
集中できる環境を作る

集中して勉強する方法1つ目は、集中できる環境を作ることです。

集中できる環境を作る際に、以下のようなポイントに意識しましょう。

・温度

・音環境

・時間帯

それぞれ簡単に解説します。

 

温度

集中できる環境を作る際に意識する1つ目のポイントは、温度です。

室温は、低めに設定しておきましょう

暑すぎたりすると、イライラして勉強の妨げになります。

また、室温を下げるために騒音がすごすぎても逆効果なので気をつけましょう。

ココがポイント

低めの温度は人それぞれの感覚なので、正解の温度はありません!

 

音環境

集中できる環境を作る際に意識する2つ目のポイントは、音環境です。

無音の環境が集中できると思われがちですが、実は間違いです。

人というのは、無意識に音を探して聞く習性があるので、無音の環境は集中力を低下させてしまいます

しかし、大きな雑音があっても、集中力が低下してしまうので、適度な雑音(ホワイトノイズ)のある環境が、集中して勉強できる環境といえます。

・カフェ

・コアワーキングスペース

これらのような場所は、適度な雑音(ホワイトノイズ)が発生しているので、集中して勉強したいときに試してください。

ココがポイント

家でもボリュームを下げた音楽を流しても同じような環境を作れるので、無理して外出する必要はありません!

 

時間帯

集中できる環境を作る際に意識する3つ目のポイントは、時間帯です。

「夜の方が集中できる」と多くの人は思っているかもしれませんが、実は勘違いです。

本来人は、朝に脳が最大限に活性化しています

しかし、夜に勉強するにつれて、本来発揮できる脳の力が抑制されているのです。

皆さんには、まだ隠れた集中力(脳の活性化)があるので、ぜひ朝活をして実感してみてください。

参考
朝活のメリットやおすすめの朝活でやることを紹介!

  できる人は、朝活をやっているって聞くけど、なんで朝にやるのかがわからない。 それに、何をすればいいのかもわからない。   本記事は、上記 ...

ココがポイント

勉強をする適切な時間は、脳が最も活性化している朝です!

 

集中できる環境を作る際に意識するポイントがすべて整った環境を作ることは、そこまで難しくないので、今すぐにでも作っていきましょう

環境を整えることによって、勉強が想像以上にはかどります!
ひろし

 

集中して勉強する方法②
時間設定をする

集中して勉強する方法2つ目は、時間設定をしてメリハリをつけることです。

多くの人は、「何時まで休憩」や「何時までにこの単元を終わらせる」と決めないと、いつまでもダラダラとしてしまいます。

具体的な方法として、「To Doリスト」を活用しましょう。

1日の勉強計画を作って、それに沿って勉強することで集中力を持続し、勉強の効率も上がります

ココがポイント

時間を設定することは、1日分のゴールが明確になっているので、脳が集中することを手助けします!

 

集中して勉強する方法③
適切な休憩をとる

集中して勉強する方法3つ目は、適切な休憩をとってリフレッシュすることです。

休憩中にスマホでゲームをしてしまうと、休憩時間を過ぎてもダラダラとやってしまうし、勉強を再開できてもゲームのことが気になり、集中することができません

休憩時間は、適度な運動をすることで、勉強での疲れをリフレッシュすることができます。

・公園を散歩

・下半身の筋トレ

これらは、勉強の休憩中におすすめなことになっているので、それぞれ簡単に解説します。

 

公園を散歩

1つ目の休憩中に適した運動は、公園を散歩することです。

歩くことで座り続けている体をリフレッシュできると同時に、外の空気を吸って精神的にもリラックスすることができます

近くに公園がない場合は、近所を歩くだけでも効果はあるので、試してみましょう。

ココがポイント

疲れすぎない散歩が効果的なので、10分を目安にすることがおすすめです!

 

下半身の筋トレ

2つ目の休憩中に適した運動は、下半身の筋トレをすることです。

下半身の筋トレをするだけでも、全身の血行をよくしてくれるので、疲れた脳を回復する効果があります

空気椅子を少しやるだけでも効果があるので、勉強の合間に取り入れていきましょう。

ココがポイント

過度な筋トレは逆効果なので、気をつける必要があります!

 

適切な運動をして疲れた脳をリフレッシュさせることで、休憩後も集中して勉強することができます

休憩時間の過ごし方が、集中して勉強できるかどうかを決めるといっても過言ではありません!
ひろし

 

集中して勉強するためのアイテム

集中して勉強するには、あるものを間食として摂取することも非常に大事になります

そのあるものとは、ずばり「はちみつ」です。

「はちみつ」には、脳に対する唯一のエネルギー源であるブドウ糖(グルコース)が多く含まれています。

料理して「はちみつ」を摂取するのもいいですが、毎日はちみつの入っている料理をするのは手間がかかりますよね?

そこでおすすめの方法としては、「マヌカハニー」を摂取することです。

「マヌカハニー」には、ブドウ糖以外にも多くの体にいい成分が含まれているので、非常にコスパがよくおすすめなものとなっています

僕自身も愛用していて、結構助けられています!
ひろし

初回購入限定の割引あり

マヌカハニーの公式サイトはこちら

お試し価格があるので、まず試してみるのがおすすめです。

ココがポイント

おなかがすいたら力が出ないのと同じで、脳もエネルギー不足になったら、集中することができません!しっかりと脳にエネルギーを送ることも集中して勉強することには必要不可欠です!

 

集中して勉強する方法:まとめ

集中して勉強する方法を紹介しました。

・集中できる環境を作る

・時間設定をする

・適切な休憩をとる

これらの方法を駆使しつつ、「マヌカハニー」を摂取して、勉強に取り組んでいきましょう!

\初回購入限定の割引あり/

マヌカハニーの公式サイトはこちら

それでは、またの機会に!

ひろし

英語力ほぼ0で留学→英語ができるようになる→外国人の彼女ができる。 こんな僕だからこそ、発信できることをしていきます。

最近の投稿

-英語学習

Copyright© Knowledge House , 2020 All Rights Reserved.