音声メディア

未来の家『スマートハウス』について

 

こんにちは。本記事では、未来の家『スマートハウス』について話していきます。

内容としては、以下の通りです。

・Amazonによる『スマートハウス』

・『スマートハウス』の具体例

こんな感じです。

もし、忙しくて記事を読んでいる暇がないのであれば、stand.fm(スタエフ)で配信もしているので、聞き流してみてください。

では、本題に入ってきましょう。

 

スマートハウスとは?

簡単にいうと、

様々なAmazon製の家電がネットに繋がっていて、スマートスピーカーであるアレクサもしくはスマホを通じて指示できる家のことです。

とこういわれても、今はまだ照明などの一部しかアレクサを通じて操作できないので、なかなか想像しにくいですよね。しかし、確実に家のあらゆるものがインターネットに繋がり、アレクサもしくはスマホを通して操作するようになります。

イメージしやすいように、ここからは具体例を紹介していきます。

 

『スマートハウス』の具体例

ここで紹介するものは、Amazon製のスマート冷蔵庫です。

この特徴は、

・中にある食材などをAIがすべて管理

・なくなりそうなものは自動で注文してくれる

・ユーザーの好みや栄養バランス、健康状態を考えた献立の提案

こんな感じです。ざっと見ただけでも、かなり便利になる予感がしますよね。

これらはすべてAIによるものですが、どうやってユーザーの好みや栄養バランスを把握するか疑問に思うかもしれません。

AIは他の家電からの情報で把握する

ユーザーの健康状態は、

スマートハウス内にあるアレクサ搭載の製品から画像認識機能やサーモグラフィーを活用したり、脈拍などを測れる健康リストバンドからの情報を分析することで、把握することができます。

好みや栄養バランスは

毎日の献立のデータがあるので、そこから情報を整理すればたやすく把握できます。

他にもまだまだ便利な点はあります。

消費期限切れもなくなる

ちょっと質問なんですが、買ったけど使い忘れて気づいたら消費期限を切らして廃棄にしてしまったという経験はありませんか?

きっと少なからず、誰でも思い当たる節はあるんじゃないでしょうか。

当然、この問題もスマート冷蔵庫が解決してくれます。というのも、

AIが管理

絶対に廃棄にならないように計算して献立を提案

(もちろん、栄養バランスなども踏まえた上で提案)

仮に提案どおりの献立をユーザーが好まずに、計画通り食材を使い切れなくなりそうだったら、スマート冷蔵庫がユーザーに知らせて、その食材を使うように促してくれます。

料理も手伝ってくれる

そして更に少し進んだ未来では、Amazonクッキングロボが出来上がっていて、スマート冷蔵庫と連携し、料理をしてくれます。

要するに、Amazon冷蔵庫があらゆる計算を瞬時にして献立を提案し、Amazonクッキングロボが食材を画像認識で把握し、調理をするといった感じ

とはいえ、このロボは調理に特化しているので、食材をスマート冷蔵庫から運んだり、カットされたものをフライパンに入れたりする作業は残念ながら、人間がやる必要があります。

しかし、それ以外のカットや煮込みなどはしっかりとクッキングロボがこなしてくれるので、だいぶ家事をやる人の負担が減ります。

当然他の家具もこれくらい便利に

たった1つの家事だけを見ても、これだけの恩恵があります。

もちろん、料理の場だけでなく、家に入る際に鍵を使用せず、ドアに搭載されたアレクサがユーザーの顔を画像認識機能で識別し、ドアを自動で開けてくれます。そうすることで、鍵をかばんの中から探す手間もなくなりますし、なくす心配だってありません。

とまぁこんな感じに他のあらゆるところでも、Amazonによる革新的なイノベーションが起きることは間違いないです。

しかも、Amazonはデータも集めているので、製品を使えば使うほど、AIがユーザーのことを真に理解し、よりその人に合った生活を届けるようになるでしょう。

 

『スマートハウス』は生活を便利にする!

今回のことを簡単にまとめると、

Amazonによる『スマートハウス』

⇒家事などが楽になる

⇒家が本当の意味でリラックスできる場所に

この事業を展開するのがAmazonではなく、アップルやGoogleといった可能背は十分にありますが、わたしたちのようなユーザーの生活を大きく変えることは間違いありません。

とこんな感じに未来の話をすると、想像するだけでワクワクしますね。新たなテクノロジーを否定せず、一緒に受け入れる準備をして、楽しみにしていましょう。

ひろし

英語力ほぼ0で留学→英語ができるようになる→外国人の彼女ができる。 こんな僕だからこそ、発信できることをしていきます。

最近の投稿

-音声メディア

Copyright© Knowledge House , 2021 All Rights Reserved.