英語学習

【英語イディオム】動物を使ったイディオム【cat編】

2020-02-26

 

なにか覚えやすいイディオムを探している

 

こんにちは。英語力ほぼ0で留学に行ったひろしです。

今回は、動物を使ったイディオムを紹介していきます。

意外と、英語でなんていうかわからないことを、言えるようになりますよ。

 

別記事で、使いやすくて面白い表現をまとめたので、よかったら合わせて読んでみてください。

参考
【スラング表現まとめ】若者がよく使う英語のスラング表現53選【2020年版】

  若者が使う最近の表現を知りたい! 若い人と仲良くなりたい!   こんにちは。英語力ほぼ0で留学に行ったひろしです。 本記事は、上記のよう ...

 

プロフィール

留学してTOEIC 290→ 845

留学中に外国人の彼女できる

旅行好き

動物好き

twitter @hiroshi1551

 

動物を使ったイディオム

 

日本語でも動物を使った表現があるように、英語でも動物を使って表現をすることがあります。

意外と、日本語では動物を意識していないだけで、普段から皆さん使っていますよ。

例えば、「犬猿の仲」や「馬が合う」などといった表現を使ったことは、あるのではないでしょうか?

こういったように、英語でもわかりやすくするために、動物を使うことがあります。

そこで今回は、「cat(猫)」に焦点を絞って紹介していきます。

 

cat(猫)を使ったイディオム

 

それでは、さっそく猫を使ったイディオムを見ていきましょう!

 

1.Fight like cat and dog

 

ニュアンスとしては、「よくお互いに口喧嘩する」といった感じです。

猫の比較対象と言ったら、犬でイメージ的にそこまで仲良くないじゃないですか?

だから、この表現で「仲が悪い」とイメージしてみてください。

 

使用例

They fight like cat and dog, so please don’t put them together.

(あいつらは、しょっちゅう口喧嘩するから、一緒のところにいさせないようにして)

 

2.Rain cats and dogs

 

ニュアンスは、「めっちゃ豪雨」という感じです。

雨がひどいときに、使ってみてください。

 

使用例

Wow! It’s raining cats and dogs.

(うわー、すげー雨だな)

 

3.A cat nap

 

これは、「日中に少し寝る」といったように仮眠をとるニュアンスになります。

海外だと、業務の合間に昼寝することは、業務効率化のために推奨されているので、この表現を耳にすることがあると思います。

 

使用例

I’m going to squeeze in a cat nap.

(ちょっとこれから寝るつもりだよ)

 

4.A scaredy-cat

 

ニュアンスとしては、「びびり」というような感じです。

びびり」という表現は結構、日本語で使う機会が多いのではないでしょうか?

しかし、いざ英語でいうとなると、出てこないですよね。

ですので、しっかりと覚えてみてください。

とても便利な表現です。

 

使用例

Actually he is a scaredy-cat.

(実は、彼びびりなんだよ)

 

5.Cat fight

 

ニュアンスとしては、「いがみ合いの喧嘩」のようなものですね。

特に女性が、お互いにつかみ合って喧嘩をするようなものです。

猫が喧嘩をしているイメージと似ているところから、このような表現が生まれました。

 

使用例

Ah a cat fight started again.

(やれやれ、またいがみ合いが始まったよ)

 

6.Cat got your tongue?

 

意味としては、「なんで黙っているの?」となります。

これは、直訳すると、「猫があなたの舌でもつかんでいるの?」となり、だから「しゃべることができないの?」といった皮肉的意味になります。

基本的に、相手を注意する際に使用します。

 

使用例

What’s the problem? Cat got your tongue?

(何かあったの?どうして黙ってるの?)

 

7.Cool cat

 

これは、シンプルに「かっこいい猫」で、人に対して使い、「かっこいい人」といいます。

同じ言葉ばかりで褒められても、だんだん飽きてきてしまいますよね。(笑)

ですので、たまにはこういった違う表現でほめてあげてみてください。

 

使用例

He is really a cool cat.

(彼はホントにかっこいい)

 

8.Mad enough to kick a cat

 

ニュアンスとしては、「相当イラついている」となります。

通常、猫のような好戦的な動物をキックするとどうなると思います?

もちろん反撃されますよね。(笑)

しかし、それがわかっていても、蹴ってしまうほどイラついているのです。

このようなことから、「相当イラついている」となります。

 

使用例

She is mad enough to kick a cat.

(彼女は、相当イラついているな)

 

9.Fat cat

 

直訳すると、「太った猫」となりますね。

このことから、イメージして太っている、つまり、うまい飯を食っている=「金持ちのヤツ」といったニュアンスになります。

特に資産家や政治家などといった人たちを指して使うことが多いです。

 

使用例

That fat cat tried to cheat lots of people.

(あの権力者がたくさんの人をだまそうとした)

 

10.Cat's paw

 

これは、「猫の足」つまり、「こき使われる人」というニュアンスになります。

足で使われるといった表現があるように、使われる人のことを表すあまりよくない表現ですね。

 

使用例

He is just a cat’s paw.

(彼は、ただの使いっパシリだよ)

 

こんなにも猫を使った表現が!

 

いかがだったでしょうか?

すべてを紹介したら、結構な数になってしまうので、10個の表現でとどめましたが、結構ありましたよね?

中には、よく日本語で使う表現だけど、英語になると表現することができなかったものもあったと思います。

 

まずは、すべて1度に覚えようとするのではなく、自分なりに使いやすそうな表現にフォーカスして、どんどん使ってみて覚えていってください。

 

一応、別記事で面白い表現をまとめたものがありますので、よかったら参考にしてみてください。

参考
【スラング表現まとめ】若者がよく使う英語のスラング表現53選【2020年版】

  若者が使う最近の表現を知りたい! 若い人と仲良くなりたい!   こんにちは。英語力ほぼ0で留学に行ったひろしです。 本記事は、上記のよう ...

 

それでは、またの機会に!

ひろし

英語力ほぼ0で留学→英語ができるようになる→外国人の彼女ができる。 こんな僕だからこそ、発信できることをしていきます。

最近の投稿

-英語学習

Copyright© Knowledge House , 2020 All Rights Reserved.