英語学習

【英会話初心者におススメ!】すぐに使える英会話 #take編

2020-02-13

 

なんていえばいいんだろう。

うまく伝えたいことが出てこない。

 

こんにちは。英語力ほぼ0で留学に行ったひろしです。

本記事は、上記のような悩みを解決していきます!

 

記事を読み終えたあと

そうやっていうのか!

伝えることができる幅が広がった!

 

合わせて読むのにおススメな記事

 

プロフィール

留学してTOEIC 290→ 845

留学中に外国人の彼女できる

旅行好き

動物好き

twitter @hiroshi1551

 

1つの単語の可能性

 

[have]について解説した記事でも紹介した通り、簡単な英単語だけでも、いろんなシチュエーションで自分の言いたいことを伝えることができます。

もし、[have]についての記事をまだご覧になっていない方は、こちらもご一緒に読んでみてください☟

【英会話初心者必見!】すぐにでも使える[have]を使った表現

  この表現なんて言えばいいんだろうとよくなってしまう。 伝えたいことが、うまく伝えられない。 英会話を難しく考えてしまう。   こんにちは ...

 

今回の記事では、[take]について解説していきます。

この単語も皆さんになじみが深いと思います。

ですので、今回も「この単語見たことある」という発見を楽しみながら学んでいってください。

 

[take]の使い方

 

[take]という単語は、大きく分けて4つの表現方法があります。

その表現方法について1つ1つ見ていきましょう!

 

[take] = [取る]

 

[take]の意味として[取る]というのは、有名だと思います。

しかし、意外と使ったことないのではありませんか?

 

確かにいわれてみれば、そんなに使ったことないかも

 

使い方としては、皆さんご存じの通り、[モノを取る]という意味ですね。

では、実際に具体例を見て、使い方を学んでいってください。

 

具体例

[I took a notebook.]

(ノートを取った。)

[I took some paper.]

(書類を何枚か取った。)

[Who’s taken my laptop?]

(誰が私のノートパソコン取った?)

 

3つ目の例は誰が持って行ったか、尋ねたいときにとても便利な表現ですよね。

ここの名詞部分を変えてしまえば、たくさんのシチュエーションで使えそうな気がしますよね。

意味はとても有名ですが、いざ使うとなると意外と出てこないものなので、ぜひこの機会に覚えてみてください。

 

ポイント

ちなみに[take]は不規則変化動詞で、[took]というのは[take]の過去形で、[taken]は過去分詞形です。

 

見送りの際に使う[take]

 

続いては、[care]という単語と組み合わせて使う表現について解説していきます。

この場合は、[取る]という意味ではなく、皆さんがよく誰かを見送る際に使う言葉になるのです。

それは、ずばり[気をつけて]という意味です。

実際のシチュエーションをイメージしてください。

 

具体例

外国人の友人が帰る際を想像してみてください。

友人A[Thank you for everything! I really enjoyed my life in Japan! See you someday!]

(いろいろとありがとう!日本での生活は本当に楽しかった!またいつか!)

あなた[Me too! Take care! See you someday!]

(私もだよ!気をつけてね!またいつか!)

 

このようにたった2つの単語で、よく使うあの表現を伝えることができるのです。

この例では、長い別れに対するシーンですが、もちろん日常の「いってきます」のあとにかける言葉としても使うことはできます。

 

[take] + 時間的概念

 

[take]のあとに時間的概念である[○分]、[○時間]などを使うことによって、時間を費やすという意味にもなります。

 

具体例

[I take time with my son every weekends.]

(毎週末、私は息子に時間を費やす。)

[It takes 20 minutes to walk to my house from here.]

(ここから私の家まで歩いて20分かかる。)

 

2つ目の例は、主語に[it]を使うことによって、[to]以下の文が主語的役割を果たすことになっています。

今回はこのような用法がメインの記事ではないので、後日また[to]についての解説をさせていただきたいと思います。

ですので、「へぇ~こういう文法もあるんだぁ~」くらいに思ってもらって結構です。

 

名詞と組み合わせる場合の[take]

 

実は、名詞と組み合わせることによって表現の幅がかなり広がります。

今回は、代表的なものを例として紹介します。

 

具体例

・[take] + [picture] → [写真を撮る]

[Could you take our picture?]

(写真を撮ってもらえますか?)

・[take] + [bath / shower] → [風呂に入る]

[I took a bath.]

(風呂に入った。)

・[take] + [break] → [休憩する]

[I want to take a break.]

(休憩したい。)

・[take] + [nap] → [昼寝する]

[Sorry, I took a nap.]

(わりぃ、昼寝してた。)

・[take] + [exam] → [試験を受ける]

[I took the TOEIC exam.]

(TOEICを受けた。)

・[take] + [medicine] → [薬を摂る]

[I need to take a medicine.]

(薬を摂る必要がある。)

・[take] + [walk] → [散歩する]

[I like taking a walk.]

(散歩をすることが好き。)

 

まだ組み合わせとしてはあるのですが、上記のものが代表的なものになりますので、覚えておいてください。

 

ポイント

・[want to~]で[~したい]となります。

・[need to~]で[~する必要がある]となります。

 

こちら、[want to~]と[need to~]に関しての記事になっております。

よければ一緒に読んでみてください。

【5分でわかる!】[want to]、[would like to]、[need to]の違い

  似たような表現の違いがいまいちわからない。 いつも1つのフレーズしか使っていない。   こんにちは。英語力ほぼ0で留学に行ったひろしです ...

 

[take]の使い方まとめ

 

いかがだったでしょうか?

[take]で表現できるものは想像以上にあったと思います。

まとめると、

 

takeの使い方リスト

①モノを取る

②見送りの際に使う[take]

③費やす(時間的概念と一緒に使うことで)

④名詞と組み合わせる[take]

 

たくさんの表現があるのと同時に覚えることが多いなぁ~」と感じたと思います。

そこで多いからといって、焦らないようにしてください。

覚えるコツとしては、同じ表現を何度も使って、脳にこの表現は大事なものだと認識させていくことです。

ですので、焦らずコツコツとやっていきましょう!

 

また、[take]に関しては前置詞などと組み合わせるイディオムもたくさんあります。

[take]のイディオムに関しては、別記事にて解説させていただいているので、こちらの記事をご覧ください。

【takeイディオム】 [take]+前置詞、副詞【初心者必見!】

  [take]を使ったイディオムを知りたい。 イディオムの知識を増やしたい。   こんにちは。英語力ほぼ0で留学に行ったひろしです。 本記 ...

 

何かご不明の点であったり、「~~について教えてほしい」などと要望がありましたら、コメント欄にご記入お願いします。

それでは、また次の機会に!

頑張っていきましょう!

 

 

ひろし

英語力ほぼ0で留学→英語ができるようになる→外国人の彼女ができる。 こんな僕だからこそ、発信できることをしていきます。

最近の投稿

-英語学習

Copyright© Knowledge House , 2020 All Rights Reserved.